healing space こころみち

心道ヒーリング・リーディング・浄心療法・タロットカードリーディング・瞑想法

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

ブログ

なぜ、こんなことに。 悲しいです。

このブログ記事は、賛否をよんでしまうかれしれません。

今日、日テレ「平成ニッポンの瞬間映像30」にて、
秋葉原の連続無差別殺人事件、加藤死刑囚の事件のことがやっていました。

このブログ記事は、賛否をよんでしまうかれしれません。

今日、日テレ「平成ニッポンの瞬間映像30」にて、
秋葉原の連続無差別殺人事件、加藤死刑囚の事件のことがやっていました。

殺人は、やってはいけません。
加藤死刑囚は、自分のしたことをしっかりと償わなければいけません。
そして、遺族の皆様の深い悲しみ、私が想像できるものでもないと思います。
このような事が起こってはいけません。

TVでは、
加藤死刑囚の生い立ちと事件に至るまでの経緯の再現VTRでやっていました。

彼は、幼少期から厳しい教育を受けていたこと。
靴が汚れていると、雪の中、裸足で外にだされたそうです。
罰の理由もないままに。

作文も誤字や汚い字があると、何度も書き直しをさせられたり。

自己を表現する方法を知らず、認められることも少ない中で育ったのだろうと思います。

社会に出てもうまく行かず、
「上手くいかない」が、さらに「上手くいかない」を呼び込み、
いつしか、ネットの掲示板でしか居場所がなくなり、
そして、その掲示板でも居場所がなくなり、事件に至ったようです。

どんな理由であっても、殺人を擁護することはできません。
しかし、彼の感じていた苦悩は、私には、痛いほど伝わってきました。

普通の人の考えであれば、「こうすればいいだけじゃん」、「そこまで思いつめなくても」、「なんでそんな考えになるの?」などと思うと思います。

ですが、「三つ子の魂百までも」。
幼少期の経験でインプットされたことは、強力なプログラムとして、心の奥深く、自分でも認識出来ない領域に入り、自分で分かっていてもどうにもできないのです。

これは、誰しも抱えています。
なぜ、そこで怒る?
なぜ、そこで人とぶつかる?
なぜ、それが出来ないの?
他者から言わせれば、たかがそんなことなのですが、
大小こそあれ、自分ではどうにもならない感情、行動、人と接する癖、いつも呼び込んでしまう望まぬ状況を持っていることでしょう。

幼少期や家庭環境からインプットされたプログラムが、現在の自分が望まないものほど、苦悩が大きいと思います。
だって、すごく苦しいのに、頭では分かっているのに、どうにもならないのですから。

私は、悲しいです。
このような惨事になる前に、助けになる場所や人に出会えなかったことが、悲しいです。

私は、このようになる前に、このように苦しんでいる人たちにヒーリングや私の出来ることで手助けしたい。

苦しんでいる方が、どうにかしたいという思いさえあれば、なんとか手を伸ばして貰えれば、
もし、ヒーリングの費用もなくて困っているならば、ボランティアでもかまいません。

私は、そう思っています。

  • こころみちヒーリングについて
  • セッションの流れ

PageTop