healing space こころみち

心道ヒーリング・リーディング・浄心療法・タロットカードリーディング・瞑想法

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter

メニュー・イベント

こころみちヒーリング

あっという間の20回でした。

20回のプログラムをやっていただきました。

20回もセッションを行うプログラムは初めてだったので、開始当初は先が長いな、という気がしてしまったのですが、
途中からは生活に組み込まれたメンテナンスのようになり、終わる頃には、次から無いことに違和感を覚えるくらいで、あっという間だったという印象です。

私は、自分の感覚や感情を軽視してしまいがちで、それもあって自己肯定感を損なっていました。

毎回のセッションで、自分の出来事に対する感覚を振り返りや、それを丸ごと肯定するワークにより、直接的に(顕在意識的に)、感覚や感情を受け入れるトレーニングを行えました。

その中で先生の、あるべき論を語らず、とにかく肯定するコメントと、無意識に無視してしまっていた感情などを思い出させるサポートで、自分だけでは得られない変化があったと思います。

遠隔ヒーリングは、最初に説明を受けていたとおり、一回一回のヒーリングセッションの中では、劇的な変化はありませんでした。
(その中でも好転反応のような体調の変化があったり、手脚に熱を感じることがあったりしたのと、ワークの前の切り替えが容易だったりすることは毎回感じることはありました)

しかし、振り返ってみれば、一回一回のヒーリングセッション中のそういった自覚のある変化よりも、その場では気づかないところで内面に変化があったと思います。

これまで私がやってきた他の多くのワークでは素直に受け入れられなかったのに、
今回のヒーリングで受け入れられたのは、自覚のない(潜在意識的な)部分が柔軟になっていたのだと思います。

整形外科のリハビリで、毎回怪我をした部分などに赤外線照射をしますが、それと似ているような気がしました。
直接的には、「暖かい程度の自覚しかなく、これって意味あるの?!」と思ってしまう治療なのに、実は深部では新陳代謝が活発になって治癒力が上がっているような感じです。

20回のヒーリングと教えていただいたワークを通して、自覚のなかった感情や、封印して識別すらしていなかった記憶が顔を出し、驚きと恐怖にも似た不安があったこともありましたが、きめ細かいサポートのおかげで、それらに飲み込まれることなく、向き合えたと思います。

自分でも出来るワークの方法も教えていただいたので、必要と思う時にはやってみて、セルフメンテナンスをしていき、いよいよ難しい時には、またお願いしようと思います。

ありがとうございました。



--ご感想への返信(こころみちより)---

ご感想ありがとうございます。
ほんとうに週1回のヒーリングが日常の習慣のようになっていましたね^^
そんな習慣がな20回を終えて、終了するのは私もさみしく思います。


Y.Y様は、落ち着きがあり、気がきいて、話しやすく、女子力が高い素敵な方です。
仕事柄からもきちんとしていて、理性的で知的な方です。

周囲の方からみたら、悩みなどないように見えるかもしれません。
私から見てもそう見えます。

そのようなY.Y様もご縁がありヒーリングを受けてくただくことになりました。

お悩みは、ご感想にあるように、いつも冷静で理論的で自分の感情を出さない自分が、どこか変なのではないか、人として欠けているのではないかという部分でした。


Y.Y様とのヒーリングセッションは、
10分間のメインのヒーリング(目を閉じて座っていただくだけ)と、
「この一週間はどう過ごしていましたか」のお話しを聞かせていただきました。
※このヒーリングでは、過去の辛い体験を聞き出すことはしません。

私がお話しを聞かせていただくときは、クライアントさまが思っていることを肯定しながら聞くきています。

そして、お話の中で出てきた感情については、そう思った自分にOKを出していくマナユイの手法を使いました。

ヒーリング序盤では、
一週間の出来事としての話題は、Y.Y様から話しが出てくるのですが、その出来事に「どう思ったのか」という感情のワードが中々出なかったことを覚えています。

お話しを聞かせていただきながら、「そのときどう思ったのですか?」、「それってどんな感じなのですか?」と柔らかめに質問を挟ませていただいて、ご自分の感情と感覚に注意を向けていただくようにさせていただいました。

ヒーリング6回目ほどで好転反応があったとお聞きしています。


好転反応とは、トラウマエネルギーが解消されて好転していくときに、一時的に感情の起伏があったり、風邪っぽいような体調になることです。
悪いものでも、重大なものでもありません。
1日、もしくは長くても数日で終わります。
好転反応が出る確率は、ごくまれです。
Y.Y様は、風邪のような感じで、1日だけベッドに横になっていたようです。

そのあとのヒーリングは、良い意味で淡々とヒーリングを続けていきました。
そして、15回目あたりで何かご自分の中に変化を感じ始めたとお聞きしています。

ヒーリング17回目では、
いつものヒーリングとノートのワークを一緒に行いました。
ノートのワークは、私が質問や誘導をしながら、クライアントさんが自分で思っていることや気付いたことをノートに書いていくワークです。

心道ヒーリングと併用すると相乗効果が高く、抱えているものを手放せます。

ノートのワークは、必須ではありませんが、Y.Y様はやってみるとのことで、「感情をだせない」をテーマにしてこのワークをいれました。

Y.Y様は、とてもしっかりとした方で、17回目のノートのワークの後もお一人でコツコツとワークをしていただいていました。

このワークで沢山の感情や記憶が顔を出してびっくりされたようです。
18回目、19回目でご自分でやられたワークと出てきた感情のフォローをいれさせていただきました。

このノートのワークをきっかけに、さらに開放が進んだようですね。

最終の20回目には、最後のクリーニング目的で、自分が作り出したネガティブな想念や、人から受けてしまったネガティブな想念を浄化する浄心療法もやらせていただいています。

20回目が終わった時には、理論的な自分に対しても、人として欠けているという思いはなくなっていました。
不安や緊張、自己否定感、人付き合いのストレスもなくなって、より自然体なY.Y様になっておられました。

本当に良かったです。

※ご感想、返信コメントは、クライアントさまの許可をいただき、掲載しています。

お申込み・お問合わせ
  • こころみちヒーリングについて
  • セッションの流れ

PageTop